堺市 自己破産 法律事務所

堺市に住んでいる方がお金・借金の相談をするなら?

多重債務の悩み

借金の問題、債務の悩み。
借金の悩みは、自分では解決が難しい、重大な問題です。
ですが、司法書士や弁護士に相談しようにも、ちょっと不安になったりする、という方も多いでしょう。
当サイトでは堺市で借金・債務のことを相談するのに、おすすめの相談事務所を厳選して紹介しています。
ネットを使って相談することが可能なので、初めての相談でも安心です。
また、堺市の法律事務所・法務事務所もピックアップしているので、そちらも参考にしてください。

堺市在住の方が借金・自己破産の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

堺市の多重債務・借金返済解決の相談なら、こちらがオススメです。
弁護士対応で、しかも全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
料金の支払いは、分割払いも可能。
相談料金ももちろん無料!
借金の督促をストップすることも可能。
任意整理、過払い金、個人再生、自己破産、など、借金・債務について相談することができます。
しかも、24時間365日、いつでも受け付けOKです。
フリーダイヤル(通話料金無料)で相談受付することができるので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国対応の、債務・借金の悩みを相談できる法務事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、など、自分に適した方法で、どうにもならない借金問題を解決に導きます。
また、過払い金の請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から費用を支払えます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないので、お得に解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人も安心して相談できます。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

堺市の方が借金・債務整理の相談をするなら、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金解決のための診断ツール。
カンタンな3つの質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、ちょっと不安。
そんな方にピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国に対応のサービスなので、堺市に住んでいる人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の診断と相談を。



弁護士へ相談前の注意



他の堺市近くの法律事務所・法務事務所を紹介

堺市には複数の司法書士や弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●シヴィル法律事務所 弁護士法人
大阪府堺市堺区南花田口町2丁3-20 住友生命堺東ビル3階
072-222-3120
http://civil.or.jp

●弁護士法人アディーレ法律事務所 堺支店
大阪府堺市 堺区戎島町4-45-1 ホテル・アゴーラリージェンシー堺 リージェンシープラザ1F
0120-316-742
http://sakai.adire.jp

●あい司法書士法人 堺事務所
大阪府堺市堺区北瓦町2丁1-19 たつみビル
072-222-4411
http://ai-shiho-shoshi.jp

●松本司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-32 新町ビル 6F
072-221-5300
http://office-matsumoto.biz

●はら(司法書士法人)
大阪府堺市堺区新町3-6
072-223-1560
http://hara-sakai-sihou.main.jp

●田中司法書士事務所
大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通8
072-233-1167
http://tanaka-shihou.com

●泉田法律事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-222-1525
http://izuta-law.com

●フォーゲル綜合法律事務所 堺事務所
大阪府堺市堺区新町4-7 材庄ビル 4F
072-232-5400
http://vogel-law.jp

●中谷優子司法書士事務所
大阪府堺市西区北条町1丁17-10
072-247-8820
http://office-nakatani.hp4u.jp

●堺総合法律事務所
大阪府堺市堺区一条通20-5 銀泉堺東ビルディング 6F
072-221-0016
http://sakaisogolaw.net

●五月法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁1-21 堺東八幸ビル 5F
072-221-1807
http://satsuki-law.gr.jp

●十三(司法書士法人)堺東事務所
大阪府堺市堺区中瓦町2丁3-23 堀ビル 4F
072-228-0084
http://13-office.jp

●岩井司法書士事務所
大阪府堺市堺区南瓦町1-19 グランビルド堺東301号
072-238-4500
http://legal-counselor.jp

●齋藤司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町3-3 ルネッサンスビル 5F
072-225-5101

●堺けやき法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 5F
072-224-5654
http://keyaki-lo.com

●関和男司法書士事務所
大阪府堺市堺区新町5-4
072-222-3330
http://soseki.jp

●吉田法務事務所
大阪府堺市堺区向陵中町4丁4-1 三栄ビル3階
072-254-5755
http://office-yoshida.net

●堺法律事務所
大阪府堺市堺区中瓦町1丁4-27 小西ビル 6F
072-232-5188
http://sakai-law-office.jp

堺市にある地元の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やネットからの無料相談などの方が、気後れせずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

堺市に住んでいて借金返済や多重債務、問題を抱えた理由とは

借金があんまり多くなってしまうと、自分ひとりで返済するのは難しい状況になってしまいます。
あちらでも借り、こちらでも借り、多重債務で借金がどんどん膨らんでいくと、もやは月ごとの返済さえ厳しい状況に…。
一人だけで返そうと思っても、どうにもならないことはどうにもなりません。
親や親戚などに頼れるのならばまだいいのですが、結婚していて家族には秘密にしておきたい、なんて状態なら、いっそうやっかいでしょう。
そんな状態ならやはり、弁護士・司法書士に依頼するしかないのではないでしょうか。
借金を返すための知恵や方法を捻り出してくれるでしょう。
月々の返済金を減額してもらい、長期で返済したり、過払い金を返還してもらって、返済金額を減らしてもらったり、などです。
どうしようもない状態なら弁護士や司法書士に相談してみましょう。

堺市/任意整理の費用ってどれくらい?|自己破産

任意整理は裁判所を通さずに、借入れを片づけるやり方で、自己破産から脱する事が可能だというようなメリットがありますので、以前は自己破産を奨められるパターンが多く有りましたが、昨今では自己破産を免れて、借り入れの問題解消を図る任意整理のほうが主流になっています。
任意整理の方法としては、司法書士があなたのかわりに貸金業者と諸手続をして、現在の借入れ額を大きく減額したり、四年くらいで借入れが返済できる支払い可能なように、分割にしていただく為、和解をしてくれます。
けれども自己破産の様に借り入れが免除されるのでは無く、あくまでも借りたお金を返すと言う事が大元であって、この任意整理の手口を行うと、金融機関の信用情報機関にデータが載ってしまうのは間違いないので、金銭の借入れがおおよそ5年位の期間は出来ないと言う不利な点もあります。
けれども重い利子負担を軽減すると言う事が可能だったり、クレジット会社からの借金の催促のメールがとまって苦しみがかなりなくなるという良さもあるのです。
任意整理には幾らか費用が必要だが、一連の手続きの着手金が必要で、借り入れしている業者が複数あるのならば、その一社ごとにいくらか費用が掛かります。又穏便に任意整理が無事に任意整理が終わると、一般的な相場で約十万円程度の成功報酬のいくらかコストが必要となります。

堺市|個人再生の手続きは、弁護士がいい?司法書士がいい?/自己破産

個人再生を実行する際には、弁護士若しくは司法書士に相談をする事が出来ます。
まず、司法書士に個人再生の手続を頼む時、書類作成代理人として手続をやっていただく事が可能です。
手続きを進める場合に、専門的な書類を作成して裁判所に出す事になるのですけれども、この手続きを全部任せる事が出来ますから、複雑な手続を実行する必要が無くなるのです。
とはいえ、司法書士の場合は、手続きの代行処理はできるのですけれども、代理人じゃ無いので裁判所に出向いた時には本人に代わって裁判官に回答することが出来ないのです。
手続を実行していく上で、裁判官からの質問を投げかけられるとき、自分自身で答えなければなりません。なりません。一方、弁護士の場合、書類の代行手続きだけではなく、裁判所に行った場合に本人に代わり返答を行っていただくことができるのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続に慣れてる状況になるから、質問にもスムーズに受け答えをすることが出来るから手続がスムーズに実施できるようになってきます。
司法書士でも手続を実施する事はできるが、個人再生においては面倒を感じる様な事なく手続を実施したい際に、弁護士に依頼を行っておく方がほっとする事が出来るでしょう。