奈良市 自己破産 法律事務所

奈良市在住の人が借金返済の相談をするならどこがいいの?

借金の利子が高い

自分一人だけではどうしようもならないのが、借金返済・債務の問題です。
金額がどんどん多くなり、金利を払うので精一杯。
借金返済の問題は、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
奈良市にお住まいの人も、まずはインターネットの無料相談で、弁護士・司法書士に相談してみませんか?
いきなり事務所で直接相談するよりも、ネットの無料相談の方が、気後れなく相談できるのではないでしょうか。
もちろん、奈良市にも対応している法律事務所や法務事務所を紹介しています。
1人で悩まず、司法書士や弁護士に相談するのが、借金問題解決への近道です。

自己破産や借金の相談を奈良市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の借金返済・多重債務解決の相談なら、コチラの事務所がおすすめです。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
代金の支払いは、分割払いの対応も可能です。
相談料はもちろん無料!
借金取り立てのSTOPも可能。
過払い金、個人再生、任意整理、自己破産、など、債務や借金について無料で相談することができます。
しかも、相談窓口では365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談を受け付けてくれるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、債務や過払いの問題を相談できる司法書士事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分にピッタリの方法で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払できます。
任意整理も、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、お得に解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の人でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょうか。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

奈良市に住んでいる方が債務整理や借金の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という、ネットを使った借金解決のための診断ツールです。
簡単な3つの質問に答えるだけで、借金を減らす方法や具体案、月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にもピッタリです。
しかも匿名で、無料で利用できます☆
全国対応のサービスなので、奈良市に住んでいる人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月々の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国対応!
借金・債務の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断と相談を。



弁護士へ相談前の注意



奈良市周辺にある他の法務事務所や法律事務所を紹介

他にも奈良市にはいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてみてください。


●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

地元奈良市の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、インターネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

多重債務に奈良市で困っている状況

借金のし過ぎで返済がつらい、こんな状況だと心配で夜も眠れないことでしょう。
多数のクレジットカード会社やキャッシング業者から借金をして多重債務に…。
月ごとの返済金だけでは、利子を払うだけで精一杯。
これでは借金を返済するのは難しいでしょう。
自分1人では返しようがない借金を借りてしまったのなら、まずは法律事務所や法務事務所の門をたたいてみましょう。
司法書士や弁護士に、今の状態を説明し、打開策を授けてもらいましょう。
ここのところ、相談は無料で受け付ける法律事務所や法務事務所も増えてきたので、一歩を踏み出して相談するのはどうでしょう?

奈良市/任意整理のデメリットあれこれ|自己破産

借金の返却が出来なくなった時には出来るだけ早く処置しましょう。
放置してるとさらに利子は増していきますし、かたがつくのはより一段と苦しくなります。
借金の返金をするのが不可能になった時は債務整理がしばしばされるが、任意整理もまたとかく選ばれる手口の一つでしょう。
任意整理のときは、自己破産の様に重要な資産を維持しつつ、借入の減額が可能なのです。
そうして資格または職業の抑制もないのです。
長所が沢山ある進め方ともいえるのですが、やはりハンデもあるので、不利な点に関してももう一度配慮していきましょう。
任意整理のデメリットとして、先ず借入れが全くなくなるというのでは無いことをちゃんと認識しておきましょう。
減額された借入れは3年程度の期間で全額返済を目標にするから、きちっと返済の構想を考える必要があります。
あと、任意整理は裁判所を介さずに債権者と直接話合いをすることが出来ますが、法の見聞が乏しい初心者では上手く折衝がとてもじゃない不可能なときもあるでしょう。
さらに欠点としては、任意整理した時はその情報が信用情報に掲載される事になりますから、俗にいうブラックリストの状況になるでしょう。
その結果任意整理をした後はおよそ5年〜7年ほどの期間は新しく借り入れをしたり、カードを新しく造る事はできないでしょう。

奈良市|個人再生って、弁護士と司法書士、どちらに依頼する?/自己破産

個人再生を進める場合には、弁護士又は司法書士に相談することが出来るのです。
先ず、司法書士に個人再生の手続きをお願いした場合、書類作成代理人として手続を代わりに進めてもらうことができるのです。
手続きを実行する際には、専門的な書類を作ってから裁判所に提出することになるのですけど、この手続を全て任せるということが可能ですから、ややこしい手続きを行う必要がなくなるのです。
但し、司法書士の場合では、手続の代行を行う事は可能なのですが、代理人じゃないので裁判所に行った際に本人の代わりに裁判官に受け答えをする事ができません。
手続きを行う中で、裁判官からの質問を受けた際、ご自身で答えなければなりません。
一方、弁護士の場合だと、書類の代行手続きだけじゃなく、裁判所に行った時に本人にかわり回答をしてもらうことができるのです。
弁護士は、個人再生を初めとする債務整理手続きに精通している状況になるから、質問にも適格に返事することができるから手続きが順調に実行できる様になってきます。
司法書士でも手続を実施する事は可能なのですが、個人再生に関して面倒を感じることなく手続をしたい際には、弁護士に依頼をしておく方がほっとする事ができるでしょう。