小樽市 自己破産 法律事務所

小樽市に住んでいる人がお金や借金の相談をするならこちら!

多重債務の悩み

多重債務の問題、借金の悩み。
お金・借金の悩みは、自分ひとりではどうにもならない、深い問題です。
ですが、司法書士や弁護士などに相談しようにも、ちょっと不安になったりするものです。
当サイトでは小樽市で借金・債務のことを相談する場合に、おすすめの法律事務所・法務事務所を紹介しています。
ネットで相談することが可能なので、初めての相談という方も安心です。
また、小樽市の法律事務所や法務事務所もいくつか載せているので、それらも参考にどうぞ。

借金や自己破産の相談を小樽市の方がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

小樽市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、ここがオススメ。
弁護士が対応してくれる、全国対応の法律事務所。
初期費用が0円なので、現在の手持ちがなくても安心です。
代金の支払は、分割払いでもOKです。
弁護士への相談料はもちろん0円!
借金督促のSTOPもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、借金や債務に関して無料で相談できます。。
しかも、相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(電話代無料)で相談受付が可能なので、お金に困っている人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、過払いや借金の悩みが相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適した方法で多重債務・借金の問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を支払えます。
任意整理でも、減額報酬や和解成功報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決が可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できることでしょう。
まずは無料相談からどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

小樽市在住の方が債務整理・借金の相談をするなら、まずこれもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金解決のための診断ツール。
簡単な3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、少し不安。
そんな方にもピッタリです。
しかも無料&匿名で使えます☆
全国に対応のサービスなので、小樽市の人も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名・無料で利用できる!
  • 全国に対応!
借金問題を解決するための第一歩として、無料診断を試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
無料&匿名で、借金の診断・相談を。



弁護士へ相談前の注意



小樽市周辺にある他の司法書士や弁護士の事務所を紹介

他にも小樽市には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。


●龍山法律事務所
北海道小樽市色内1丁目9-1 松田ビル4階
0134-64-5187
http://sites.google.com

●北潟谷法律事務所
北海道小樽市花園4丁目8-11
0134-23-8989

●札幌弁護士会小樽支部
北海道小樽市花園5丁目1-1
0134-23-0667

●磯部克彦司法書士事務所
北海道小樽市花園3丁目9-14 新川ビル 3F
0134-25-0077

●司法書士池田賢事務所
北海道小樽市花園2丁目4-6 安心堂ビル 2F
0134-21-7371

●柴野昭一司法書士事務所
北海道小樽市花園2丁目8-12
0134-25-2567

●鹿角健太法律事務所
北海道小樽市稲穂2丁目22-1 小樽経済センタービル 5F
0134-24-8755
http://kazuno-law.jp

●札幌弁護士会おたる法律相談センター
北海道小樽市稲穂2丁目18-1 高雄ビル 5F
0134-23-8373
http://satsuben.or.jp

●菰田尚正法律事務所
北海道小樽市稲穂1丁目3-9 カサイビル 4F
0134-24-6511

●関口正雄法律事務所
北海道小樽市稲穂2丁目11-13 協和稲穂ビル 4F
0134-24-4731

●西尾弘美法律事務所
北海道小樽市花園2丁目6-7 プラムビル 2F
0134-26-6351

●司法書士松本久事務所
北海道小樽市富岡1丁目5-20
0134-32-4611

●佐藤甚兵衛司法書士事務所
北海道小樽市富岡1丁目13-13
0134-23-8288

●澤田忠宏税理士事務所
北海道小樽市色内1丁目9-1 松田ビル2階204号
0134-32-0052
http://sawadakaikei.tkcnf.com

●柴田誠一法律事務所
北海道小樽市 2丁目3-5
0134-23-4632
http://ch-re.jp

地元小樽市の法律事務所・法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、ネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

小樽市で多重債務や借金の返済、問題が膨らんだのはなぜ

借金のし過ぎで返済するのができない、こんな状況では気が気ではないでしょう。
いくつかのキャッシング会社やクレジットカード会社から借金して多重債務の状態。
毎月の返済金だけだと、利子を払うだけで精一杯。
これでは借金をキレイにするのは不可能に近いでしょう。
自分一人だけでは返しようがないほどの借金を借りてしまったのならば、まずは法律事務所・法務事務所に相談しましょう。
弁護士や司法書士に、今の借金の状態を相談して、解決策を見つけてもらいましょう。
昨今では、相談は無料の法律事務所・法務事務所も増えてきましたので、解決のため勇気を出して、門を叩いてみませんか?

小樽市/債務整理のデメリットって?|自己破産

債務整理にも色々な方法があり、任意で闇金業者と話しあう任意整理と、裁判所を通じた法的整理である個人再生、自己破産などのジャンルがあります。
それでは、これらの手続について債務整理デメリットというようなものがあるのでしょうか。
これら3つに共通していえる債務整理の不利な点は、信用情報にそれらの手続きを行ったことが載ってしまうという点です。俗に言うブラック・リストという状況になります。
そうすると、およそ五年〜七年程度の間は、ローンカードが創れなくなったり借入れが出来なくなるのです。しかしながら、貴方は返金に日々苦労してこの手続きをするわけだから、もう少しだけは借り入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。
クレジットカード依存にはまっている人は、むしろ借入れが出来なくなることでできなくなる事によって救済されるのじゃないかと思います。
次に個人再生または自己破産の債務整理の不利な点ですが、官報にこれ等の手続きをした事が載ってしまうという事が挙げられるでしょう。しかし、貴方は官報等視たことが有りますか。むしろ、「官報ってなに」という人の方が多数じゃないでしょうか。
実際のところ、官報は国が作るする新聞みたいなものですけれども、ローン会社などのごく僅かな人しか目にしません。ですから、「自己破産の実情が周囲の方々に広まる」などといった心配はまずありません。
最終的に、破産特有の債務整理デメリットですが、1度破産すると七年間、2度と自己破産は出来ません。これは十二分に配慮して、2度と破産しなくても済むようにしましょう。

小樽市|自己破産のリスクって?/自己破産

はっきし言えば世間で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車やマイホームや土地など高価格な物は処分されるのですが、生きる上で必ずいる物は処分されません。
また二〇万円以下の預金も持っていていいのです。それと当面の数か月分の生活するうえで必要な費用一〇〇万未満ならば没収されることは無いです。
官報に破産者の名簿として掲載されるがこれも特定の人しか見ないものです。
また俗にいうブラックリストに記載されてしまい7年間ぐらいはローンまたはキャッシングが使用キャッシングやローンが使用できない状況となるが、これは仕方がない事でしょう。
あと定められた職種に就けないこともあります。しかしながらこれも極僅かな限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返金することのできない借金を抱え込んでいるならば自己破産をするというのも1つの方法です。自己破産を進めればこれまでの借金が全くチャラになり、新たな人生をスタート出来ると言うことでメリットの方が大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士や司法書士や公認会計士や税理士などの資格はなくなります。私法上の資格制限とし保証人や遺言執行者や後見人にもなれません。また会社の取締役などにもなれないのです。けれどこれらのリスクはさほど関係がない時が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きなものじゃ無い筈です。